肛宴のお龍

16.弄られる後門

後手に縛られて花台の上に載せられたお龍は、豊満な乳房を先程からずっと鉄二に揉みほぐされている。そして拘束されていない両脚を大きく拡げただけでなく、胸に付くほどに膝を曲げた姿勢を取っているので、しとどに濡れた陰裂もそこから顔を覗かせている小さな陰茎も、さらに今から弄られようとしている菊門までもが露わになっているのである。

「あぁ、あぁ、い、いじって下さい!」

「ほう、とうとう言いましたな、お龍さん。それじゃ」

そう言うと相模屋は菜種油のたっぷりと付いた中指をそろりとお龍の後門に触れた。

「はぅぅ」と喘いでお龍は身体をピクンと震わせ、大きく開いた太腿を一瞬閉じかけたが、思い直したように再び大きく開いた。

「ほおお、やはり後門が感じるみたいだな、お龍さんよ、今のでまた陰裂を濡らしましたね。生娘かもしれないが、自分ではかなり後門弄りをされてますな、ハッハッハッ」

毎晩のように後門を弄っていることを見破られたお龍は何も言い返せず、ただ首を振るばかりであった。

「分かった、分かった、何も言わなくても、お龍さんが後門弄りの経験が豊富なのは良く分かりますよ。 陰裂からはひっきり無しに愛液が垂れてくるし、これだけ後門をヒクヒクさせてるのですからな。それじゃじっくりと触ってあげますから、中に指を入れて欲しくなったら言うん ですよ」

相模屋はお龍の表情を、そして時には陰裂の濡れ具合を注視しながら、撫でるように後門の愛撫を続けた。

「はぁぁぁぁ、あぁぁぁぁ」

自分で弄っても気持ちの良いところであったが、それとは比べ物にならない堪らなくなる程の快感をお龍は浴びせられていた。それが花台の上で全裸に剥かれ、脚を大きく開いて局部を大勢に見つめられている所為なのか、それともお嬢様を助ける為の生け贄になっているという犠牲心の為せるものなのか、 いずれにせよお龍は快楽のあまりの大きさに混乱した。

しかし直ぐに、その答えが分かったところで何の解決にもならないことにも気付いた。そんなことよりも、今のお龍に出来ることはこの快楽を享受し、次のもっと凄まじい快楽に向かって進むことだけなのである。そして、その為には、再びおぞましい言葉を発しなければならないのである。

ああ、言えない。

「あぁぁぁぁ、あぁぁぁぁ」

触れるか触れないかの微妙な間合いでお龍の後門を撫でていた相模屋の指は、高まる快感の為に後門が次第に膨らみ始めると、少しずつその圧力を強め、ふっくらと盛り上がってきた後門を揉みほぐすように動き始めた。

「いやぁ、ああああ、いやぁ、あああぁぁぁ」

さっきまではヒクヒクと快感に喘いでいることを訴えていた後門は、既に別の生き物のようにうねり身体をくねらせ、今にも相模屋の指に絡みつきそうな勢いである。

「お龍さん、もう後門がパクパクしていますよ。あまり我慢せずに、して欲しいことを言わないと、身体に毒ですよ」

「あぁぁぁぁ、そ、そんなこと、い、言えません」

お龍は必死で否定するが、健気にも太腿を極限まで開いた格好は決して崩そうとしなかったので、覗き込んでいるやくざ達の目には、パクパクと口を開く後門がはっきりと 写っていた。そして、相模屋の指は後門が開いた時には軽くその内側の粘膜に触れるのであった。

「あぅ、うぅ、あぅ、うぅ」

「ほらほら、そんな我慢せずに。お嬢さんを助ける為なんだから」

お嬢様を助ける為に辱めを受けているのだという 相模屋の言葉は麻薬のようにお龍の心に響いた。そして、その言葉に背中を押されたお龍は、とうとう恥ずかしい言葉を口にしたのである。

「ゆ、指を入れて下さい」

「どこに入れるんだい、お龍さん」

「あぁ、そんな、あぁ、いやぁ」

お龍は嫌々と首を左右に振った。

「教えてもらわないと入れられませんよ。お嬢様を助ける為なんだから」

またしても麻薬の言葉であった。

「あぁ、あぁ。こ、こ、こうもんに」

背徳の言葉を唇から吐きながら、お龍は既に紅潮して汗を滲ませていた裸身を一層紅く染めた。そしてその言葉が消えてしまうと、まるでそれが周りのヤクザ達の耳に届いてしまったことを後悔するように、「うぅぅぅぅ」と呻きながらすでに汗を滲ませている裸身をブルブルと震わせたのである。

「やっと言えましたな。それにしても指を入れる前からそんなに感じていては先が心配ですな。でも折角のお龍さんの頼みだ、願いを叶えてあげましょう」

相模屋はそう言うとパクパクと口を開けているお龍の後門に中指の先端、ちょうど爪が生えている辺りまでを挿入したのである。

「はぅぅぅ」

お龍が喘ぎ、後門が指に絡みついた。

「ほほう、これは素晴らしい後門だ」

相模屋は満足そうな顔でそう言ったが、突然指を吸い込まれそうになって一層嬉しそうな顔になった。

お龍が「はぅはぅ」と喘ぐ度に、口を開けた後門が指に絡みついては中へと引きずり込み、既に指の中程までが飲み込まれていたのである。

「これは見事な後門だ。まさに生き物ですな」

相模屋はそう言うと後門が引きずり込むのに任せて、中指を根元まで押し込んだ。

そして お龍が 「ほぉぉぉぉ」と喘ぐと、今度は絡みつく後門に名残を惜しませるようにゆっくりと抜いていくのである。

「いやぁぁぁぁ」

時には後門を絡みつかせたまま指を回転させると、途中までは必死に縋りついてくる後門の襞が、ついに置いてきぼりになってまた喘ぐのである。

「おぉぉぉぉ」

「お龍さんは後門弄りにかけてはかなりの上級者ですな。そうでしょう、お龍さん?」

「ああ、そんな」

「否定しても分かりますよ。この分だと指二本は平気そうですな」

「あぁ、二本は、二本は嫌です」

「嫌と言いながら絡みかせてくるのはどういう訳か、合点が行きませんな」

相模屋はお龍をからかいながら、一旦中指を抜いてから、次に人差し指と揃えて再び挿入したのである。

「いやぁぁぁぁ」

「ほら軽く二本入りましたな。これはかなり後門弄りをされているという間違いない証拠ですな」

「あぁ、いやぁ」

相模屋それからしばらく二本の指を抜き差ししていたが、十分にお龍の後門が解れたと見て一旦指を抜いた。鉄二は相変わらずお龍の乳房を揉み続けている。

「それでは今から前立腺弄りをやってみます。場所は大体後門から4,5センチ入ったところの腹側です。その辺りで直腸は後ろの方へと曲がっていますが、その角の辺りをこうやって・・・」

と言いながら相模屋は目の前に揃えて上げた二本の指を少し曲げて見せた。

「・・・探るとですな、胡桃くらいの大きさの膨らみがあるはずなんですが、お龍さんにも果たしてあるかどうか」

相模屋ニヤリと笑うと再び二本の指をお龍の後門に挿入していった。

「あぁぁ」

「今から直腸を押さえていきますからお龍さんの顔をよく見てて下さいよ。最初から気持ち良いのは稀で、普通は疼痛を感じるらしいんです。ほら、この辺りかな」

お龍は鉄二に乳房を揉まれながら、緊張した面持ちで後門に挿入された指の感触に気を集中していたが、急に「ウッ」と呻いて顔を仰け反らせた。

「ありましたぞ」と相模屋がニヤリとした。

「ここからはお龍さん、ゆっくりと深呼吸をして下さい。お龍さんが息を吸うときに前立腺を押さえますから」

相模屋に言われた通りお龍は深呼吸を始めた。

「スーーーー、フゥーーーー、スーーーー、フゥーーーー」と。

しばらくすると息を吸う時には次第に喘ぎ声が混ざり始めた。

「スーーー、あぁ、フゥーーーー、スーー、あぁぁ、フゥーーーー」

そして喘ぎ声が次第に泣き声に変わり、お龍はもう深呼吸など出来なかった。

「アァーーン、アァーーン」とお龍は泣きそうな声を上げた。

ヤクザ達がお龍がどうかしたのかと相模屋を見た。

「ご心配なく。これが前立腺快感の特徴みたいですな。最初はどういう訳か泣き出したくなるようですな。そしてそこから段々と快感に」

そして相模屋の言うとおり、お龍の泣き声は徐々に激しくなり、とうとう「ワァーワァー」と大声を上げて泣きだしたのである。


自分でも信じられない恥ずかしい格好で私は相模屋さんの二本の指をアヌスに受け入れています。そして相模屋さんの指が直腸を押さえると疼痛を感じて「ウッ」と呻きました。これがきっと前立腺なのです。それからは私が大きく息を吸う時には相模屋さんが前立腺を押さえ、吐くときには前立腺が開放され、それが何度も繰り返されるうちに、疼痛が次第に不思議な快感に変わって来ました。いえ、快感というよりは幸福感という方が近いかもしれません。ヤクザ達の慰みものになっているのに、どうしてこんな気持になるのかと自分でも戸惑っていると、今度は次第に泣きたくなってきたのです。それも悲しいから泣くのではなく、誰かに甘えて泣くような気持ちなのです。私は捨て子でしたから実の母の愛情は知りません。それでも光子奥様にはよく甘えさせて頂きましたが、その時の気持が甦ってきたような感覚になってきたのです。

「アァーーン、アァーーン」と 私は泣き出しそうな声を上げてしまいます。後手に縛られて花台の上に載せられ、乳房は敵である鉄二さんに揉まれ、その東組と密な関係の相模屋さんに前立腺を弄られながら、どうしてこんな気持ちになるのかと自分の身体を呪いたくなりますが、身体の反応はどうすることもできません。

そしてとうとう私は「ワァーワァー」と大声を上げて泣きだしたのです。

「よしよし、良い子だ、思いっきり泣いていいんだよ」

相模屋さんの声が優しく響き、鉄二さんの乳房への愛撫が心地良く気持ちを慰めてくれます。そしていつのまにか太腿や脹脛にも、さらにお腹にも手が伸びてきて、私の身体を優しく撫でて下さるのです。

「ワァーーー、ワァーーー」

どうしてこんなにも心地が良いのでしょう。だのにどうして私は泣くのでしょう。私は訳が分からず、混乱した頭を左右に振りながら、ひたすら身体の最奥からの快感に翻弄され泣き続けました。


しばらくするとお龍の泣き声は収まり、今度は「アァー、アァー」と喘ぎだした。そしてその合間に「ハァッ、ハァッ」と短く浅い呼吸をするようになってきたのである。

「よしよし、その調子だよお龍さん」

「どうなったんだ?」と親分が尋ねた。

「ひとしきり泣くと、今度は快感だけが急上昇してくるんです。この調子だとお龍さんは気を遣るかもしれませんね」

「アァー、アァー。ハァッ、ハァッ。アァー、アァー。ハァッ、ハァッ」

「お龍さん、呼吸が浅くなってますよ。もっとゆっくり深呼吸して下さい」

相模屋に言われてお龍は深呼吸をしようとするが、息を吸う時に前立腺を押さえられると、その間ずっと快感が上昇し、到底最後まで我慢できず、「ァァァアアア」と喘いでしまうのである。そして吐く時に も前立腺を開放されることで、さらに快感が上昇し、「ィィィイイイイ」とやはり喘いでしまうのである。

「お龍さん、脚が閉じてきてますよ、もっと拡げて。そしてもっと我慢して最後まで吸うんですよ。」

相模屋に言われてお龍がもう一度大きく膝を開くと、ぐっしょりと濡れた陰裂が口を開けてそこから小さな陰茎が顔を覗かせた。

「この眺めは堪りませんな」

そして、お龍はもう一度深く息を吸い込み、それに合わせて相模屋が前立腺を押さえ続けると、快感に耐えるお龍の顔が歪んだ。それでも歯を食いしばってお龍は息を吸い続けたが、ついに耐え切れなくなっ たのか腰をくねらせながら「ヒィィィイイイイイ」と叫んでしまった。

「もう少しの辛抱だよ、お龍さん。さあ、もう一度だ」

お龍は荒くなった息を整えると、再び深呼吸を始めた。鉄二もお龍の太腿や脹脛に取り付いている若い衆達も真剣な面持ちである。

「押さえますよ」

相模屋は大きく一つ息を吸い、お龍の顔を見つめながら後門に挿入した二本の指をグイと曲げた。

「ヒィィィイイイイイ」とお龍が叫んだ。

その時である。「おっ、あれは?」と親分が言った。

開いた陰裂から顔を出している陰茎の先から恥丘の上へ白濁液が一滴ポタりと流れたのである

「射精してるのかい?」とお銀が言った。

「いや、そうじゃない」

相模屋は左手を伸ばすと白濁液を恥丘の上に擦りつけてから、その指を口に含んだ。

「サラサラしているでしょう。味も違う。これは前立腺液ですな。私も始めて見るんですが、独逸では前立腺乳搾りとか言うらしいんです。ほら、こうやって前立腺を押さえると・・・」

ちょうど息を吸っていたお龍が「ヒィィィイイイイイ」と叫ぶと同時に、陰茎の先から再び白濁液がポタりと流れた。

「まるで乳搾りのように押さえる度に出てくるんですな。見事なもんだ」

「確かにこれは興奮しますな」と親分が呟いた。

「しかもお龍さんが我慢しようとしてもどうにもならないんです。とても敏感になった前立腺を押さえられると出てしまうんですな」

再びお龍は「ヒィィィイイイイイ」と叫びながら陰茎の先から白濁液を溢れさせた。

「さあ、もう一度だ、お龍さん」

お龍が再び息を吸い始め、相模屋が前立腺を押さえた。

「まだだ、まだだよ、お龍さん、もう少し」

お龍はウンウンと頷きながら必死の形相で息を吸い続けている。喘ぎ声を出したいのを我慢しているのであろう、口はパクパクと開くが声は出ない。

そしてまたも陰茎の先から恥丘の上へポタりと白濁液が流れると同時に、お龍の腰がブルブルと震えだした。そして「クゥーッ」という呻き声を上げながら歯を食い縛り、まぶた も強く閉じて仰け反ると、次の瞬間には両太腿をきつく閉じて身体を横に向け、くの字になって絶頂に達したので ある。

硬直は10秒程も続いただろうか。誰も何も言わなかった。お龍の身体を愛撫していた鉄二や若い衆達もあまりに激しい気の遣りように思わず手を離していた。相模屋だけが お龍の後門のきつい収縮をじっくりと味わっていた。

ようやくお龍は「ハァー」と息を吐きながら、紅潮の冷めやらない顔を上に向けた。しかし、周りから覗きこむ多くの視線に気づくと、大勢に見つめられながら絶頂を極めたことを思い出したのか、ふるいつきたくなるような顔を一層紅く染めた後、再び横を向いた。


inserted by FC2 system