ドライオーガズムとは?

射精を伴わずに、全身を震わせながら、時には咆哮を上げながら達する性的興奮の絶頂のこと

ドライオーガズムの説明の前に、まずオーガズム(オルガズム、オルガスムス)とは性的興奮の絶頂のことで、女性の場合には通常、膣や下肢の痙攣を伴います。強烈なオーガズムの場合には咆哮しながらの全身の硬直や痙攣が起きることもあります。男性の場合には射精を伴うことが普通です。クライマックス、絶頂、イク、等も同じ意味で用いますね。

射精を伴う(ウエット)オーガズムに対する言葉として、射精を伴わないオーガズムのことをドライ・オーガズムと言います。女性は射精をしないので、常にドライオーガズムですが、女性のオーガズムを指す言葉としてはドライオーガズムは用いません。即ち、ドライオーガズムは男性の、射精を伴わないオーガズムのことです。ドライオーガズムのことを略して「ドライ」と言う事も良くあります。

このようにドライオーガズムは性的絶頂のことですから、その手段は問いません。最も有名なのは前立腺刺激によるものですが、それ以外にも会陰部刺激や全く局部に触れずに呼吸法と骨盤底筋の締め付けだけでもドライオーガズムに至ることができます。

またドライオーガズムは射精を伴いませんから、女性のように何度も繰り返しオーガズムに達することができ(マルチプル・オーガズム)、また快感の強さも射精オーガズムの場合の十倍、いえ百倍も強いような気がします。実際、ドライオーガズムでは女性のように咆哮しながら全身を痙攣、硬直させて絶頂に達することがしばしばあります。

ドライオーガズムは射精オーガズムのようにはっきりとした印がありませんから、厳密にこれがドライオーガズムであると定義するのは難しいのですが、私は、全身の硬直、痙攣が少なくとも二三秒は続き、思わず声を上げてしまう程の快感を感じた場合にはドライオーガズムと言っても良いと考えています。

下の図は通常の射精オーガズムとドライオーガズムを比較した概念図です。横軸が時間、縦軸が快感の度合いを表しています。射精オーガズム(青線)では快感が上昇して呻き声が漏れてしまう程には至りますが、そこで射精してしまうと急激に快感は減少します。

これに対してドライオーガズム(赤線)では射精による「終わり」が無いので快感はさらに上昇し、全身を震わせながら叫び声が上がったり、さらにはガクガクと全身を痙攣させながら咆哮を上げて泣き叫んでしまうこともあります。そして、射精という「終わり」が無いので、このような絶頂を何度も繰り返すことができるのです。

このようにドライオーガズムは射精のように一瞬の現象ではないために、「ドライの状態」或いは「ドライに入った」というような言い方をよくします。上の図で言えば、黄色の領域以上の快感レベルが、「ドライの状態」或いは「ドライに入った」と言えるのだと思います。


inserted by FC2 system