アヌス刺激でドライオーガズム

ここで説明するアヌス刺激は前立腺刺激でも浣腸でもない純粋のアナル性感です。ドライオーガズムの経験を十分に積んだ私は、アヌスを外側から刺激するだけでもオーガズムに達するようになったのです。

準備

基本的に不要 アヌス刺激は器具も要らないし、直腸に指を入れることもありませんから準備も特に不要です。

環境: 他のオナニーと同様プライバシーは絶対条件です。特に首尾よくドライオーガズムに達した時には大きな喘ぎ声が出ますので、声が外に漏れないことも大事です。それが難しい方は枕などで口をしっかり押さえて声を漏らさないようにしましょう。プライバシーが万全でない場合は十分にリラックスできないので、ドライオーガズムに達することは難しくなります。パートナーが居られる場合 もSEXと同様のプライバシーが必要ですね。

もちろん熟達された方が露出目的で楽しまれる場合は話は別です。他人に見られるかもしれない、或いははっきりと見られながらドライオーガズムに達するのもまた格別な快感です。

アヌス刺激

体位: 体位は自由ですが後からの会陰部刺激と同じように、左側を下にして横たわり、左足をまっすぐ伸ばし、右膝は直角程度に曲げ て床につけ、お尻を少し上に突き出した体位がやりやすいと思います。左手は胸の前。右手を後ろから回し人差し指や中指でアヌスに触れるのです。

パートナーにしてもらう時はうつ伏せになり両脚を大きく開いた体位もお勧めです。その他、あなたの感じる体位を色々と試してください。

アヌス刺激: いきなりアヌスに触れてもいいし、会陰部等を愛撫して快感を高めてからでも構いません。必死で閉じたアヌスに触れるのも、奥まで触って欲しくて思いっきり開いたアヌスに触れるのも、どちらも快感です。開いたアヌスに指を添えて、その指を包むようにアヌスを閉じたり開いたりするのもいいですよ。

堪らなくなって指を少し奥まで挿入してしまってもいいけれど、私はアヌス外側だけの刺激でオーガズムに至るのが好きです。

バリエーション

熱いオイルを垂らす: うつ伏せで大きく脚を開いた体位で、さらにお尻を開かれ、自分でアヌスを思いっきり開きます。そしてそこに熱いオイルを垂らされるのです。

浣腸: 浣腸され必死で引き締めているアヌスを愛撫されるのはとても快感です。

熱蝋: 熱いオイルになれたら熱蝋を試してみましょう。SMプレイ用の低温ロウソクを使いましょうね

関連体験談

機内オナニー

プライベートスパでアヌスにオイルを垂らされて絶頂を極めてしまう

アヌスに熱蝋を垂らされて絶頂を極める


inserted by FC2 system