チャイナタウン編(12)

卵を体に

あと二三度排泄すれば終わりと思ってから、一体何度オーガズムに達した事でしょう。アヌスを締め付けないということは、クスコの動きを止めることもできないということ。アヌスを思いっきり締め付けてオーガズムに達すれば、一時的にクスコの動きを止めて刺激を遮断できるので、クライマックスの直後は快感が少し収まって一息つくことができるのです。ところがアヌスを締め付けないと、延々とクスコに刺激されっぱなしで、息つく暇もなくオーガズムの高波に翻弄され続けるのです。

「どうやらコツを掴んだようね、ドリーさん。私でもしばらくかかったのに、一晩でマスターするなんて、あなたっていう人は」

やっと白濁液が空になり、陳夫人はクスコに固定していたクリップを外すと、チューブをゆっくりと引きずり出されますが、時折チューブが腸壁に擦れるだけでも私は再び高みに舞い上がってしまうのです。

「ォォォォオオオオオオーーー」

「まあ、そんなにいいのね。クスコはもう暫くそのままにしておくわ。未だ少しは出るでしょうから」

陳夫人がクスコから手を離されると、私はとうとう我慢できなくなって少しだけアヌスを締め付けようとしました。そして金属の嘴の形を確かめるようにそろりとクスコを咥え込んだ瞬間、 私のアヌスはまるで別の生き物になったかの如く、狂ったようにクスコを締め付け、私は絶叫しながら再びオーガズムに達したのです。

「キィィィィィイイイイイイ」

握り締める両手の爪が手のひらに食込みます。両足は内側に限界まで曲がり、背中を浮かして上半身が反り返り、そして白濁液がトロトロと漏れるのです。

突然クスコを揺すぶられ、ハッとして私はアヌスを緩めました。

「締め付けてたわね。ちょっと手を離した隙に」

「ああ、御免なさい。が、がまんが」

「そんなことでどうするの、折角上手になったのに。もう一度締め付けずにイッテみなさい。そうしたらクスコを抜いてあげるわ」

陳夫人はそう仰るとゆっくりとクスコを抜き差しされ、私は必死にアヌスを緩めながらクスコの感触を味わうのです。

「ホォオオ、ォオオオ」

そして何度か抜き差しされると溜まらずに私は白濁液を吐き出しながら再びオーガズムに達したのです。

「ォォォオオオオオオ」

「それでいいわ。もう今晩は二度と締め付けちゃ駄目よ」

「ァア、ハ、ハィ」

クスコが少しずつ細くなるようです。陳夫人がネジを緩めて嘴を閉じておられるのです。長い間拡げられていたアヌスが次第に窄まると、それだけでまた感じてしまい、私は「ォウ、ォウ」と喘 ぎます。そして細くなったクスコがそろりと引き抜かれると、私のアヌスは白濁液をトロリと吐き出してからゆっくりと口を閉じたのです。

ボーイがティッシュで私のお尻を簡単に拭いて下さいます。そしてシンクは黒のレザー・トップで元通りに蓋がされます。

「さあ、いよいよあの子達のお食事の時間ですから皆さん席へ戻りましょう」

陳夫人に促されて二三組のカップルが台から離れようとした時、カレンが声を上げました。

「このままで見物させていただけません?立ったままで構いませんから」

「あら、私は構いませんが、皆さん宜しい?」

「もちろん」、「ドリーさんの表情もよく見えるし」、「息遣いも生で聞こえるしね」

一斉に賛成の声があがります。

「では、そうしましょう。但し、脚の間には立たないで下さいね。スポットライトが陰になってしまいますから。床に腰を下ろしていただくのはいいわよ」

「私はソファーで見物させていただくわ」

静子夫人はそう仰ると人を掻き分けるように目の前のソファーに腰を下ろされます。そして数人が早速静子夫人のすぐ前の床に座り、残りの人達が私をぐるりと取り囲んだのです。

そして陳夫人が合図をすると、カシャッという音と共にスポットライトが煌々と私の裸身を照らし出したのです。

「ぁああ」

暫くのあいだ薄暗くされていた所為でしょう、全裸を再びスポットライトに晒した私は少しは自由のきく上半身をくねらせて羞恥に耐えるのです。

「さあ、じっとして。もうマイクも要らないわね。それに暴れてイヤリングを無くしてはいけないから」

陳夫人は私の顔を両手で押さえると、右耳に掛けていた超小型マイクを外し、次に左耳に残っていたターコイズのイヤリングを外されます。

ああ、こんなに近くで大勢の方に見詰められながら、今から蛇を体に入れられるのです。

「ぁああ」

「もう早くしたくてうずうずしてるようね」

ボーイが小さな笊を持って登場し、陳夫人が長さ3センチ程の綺麗な茶色模様の卵を取り上げられます。先ほどレイチェルが飲み込まされたのと同じウズラの卵です。

ああ、そんな。連続のオーガズムの直後で私の体はクタクタです。それなのに今すぐ卵を、そして蛇を入れられたら。

「ああ、少しだけ休憩させて下さい」

「駄目よ、折角準備してきたのに。あなたの体が熱いうちにしないと余計に辛いわよ」

抗いを許さない厳しい口調で仰った陳夫人は卵を摘んだまま私の脚の間に屈まれます。

限界まで太腿を開いて両脚を金属ポールに絡めるように拘束されている私のアヌスをスポットライトから遮るものは何もありません。それに、膝から先を無理に内側に捻じ曲げた体位の為に、アヌスをきつく閉じることは難しいばかりか、つい先ほどまでクスコで大きく拡げられながらエネマを受けていたアヌスはまだそのすぼめた口を白濁液で濡らしているのです。

「さあ、飲み込んで」

アヌスに卵が押し付けられます。

「ぁああ」

「さあ、アヌスを開いて。さっき練習したでしょ」

「ぁああ、いやぁああ」

抗おうとしてもアヌスはまるで意思を持ったかのように自分から開いて卵を飲み込むのです。

「ぉおおお」

そして陳夫人が指で直腸のできるだけ奥へと卵を押し込まれます。

「むぅぅぅううう」

ああ、卵がお腹の奥深くに入りました。つぎはスポイトで謎の液体を注入されるのです。

ところが陳夫人が笊の中から取り上げられたのは、またも茶色の卵です。

「じゃあ、もう一つ」

「ああ、そんな。約束が違います」

「ええっ?どんな約束?」

周りを取り囲んでいる人々が興味深そうに私を覗き込みます。

「あ、あ、アヌスには一匹だけという約束」

私は喘ぐように恥ずかしい約束を口にしました。

「ああ、そうね。でも準備にこんなに時間がかかるとは思わなかったから。お腹を空かしてる子が二匹いるのよ。それにエネマが必要になったのはあなたの所為でしょ、ドリーさん?」

「ああ、そんな、酷い」

「心配しないで、一匹も二匹もそんなに変わらないわ」

陳夫人はそう言うと私の脚の間に屈まれ、すぐにアヌスに卵が押し付けられたのです。

「い、いや、いや、いやぁ」

私は必死にアヌスを閉じようとしますが、陳夫人に尻たぼを拡げられてはひとたまりも無く、私は泣きながら二個目の卵を飲み込んでいくのです。

「ああ、駄目、ああ、いや、いやぁぁぁあああ」

陳夫人の指が直腸の奥深くに卵を押し込み、私は前立腺や精嚢に触れる卵を感じるのです。

いよいよ陳夫人が30センチ程もある大きなスポイトを笊の中から取り出されました。中には透明の液体が満たされています。そして夫人は左の手のひらに一滴二滴と液体を落とすと、すーっと手を伸ばして私の鼻先に近づけられます。

「この匂い、覚えてるでしょ?」

私は鼻から少し息を吸います。ああ、何だか不思議な良い香りです。私は思わず深く息を吸い込みました。

あっ、そうです。最初に陳夫人とお会いした時に夫人の体から立ち昇っていた香りです。

ええっ、まさか。

でも間違いありません。 陳夫人はきっと毎日のようにご自分の体を使ってあの子達に食事をさせていらっしゃるのです。だから夫人の体からはこの不思議な香りが立ち昇っていたのです。

「分かったようね。あの時、あとで差し上げるって言いましたわね」

陳夫人はにっこりと微笑むと両手で長いスポイトをしっかりと支えて私のアヌスに近づけられます。

「ああ、いや」

「アヌスを開いて」

「ぁああ、いや、いや」

嫌々と言うのは口先だけで体はスポイトを求めているのです。そしてスポイトがスルリとアヌスに滑り込みます。

「ぉおおお」

そしてゆっくりと奥の方へと挿入されるのです。

「ぁあああ」

「卵にあたったわ。あの子達が喧嘩しないようにたっぷりと入れてあげるわね」

陳夫人が黄褐色のゴム球をゆっくりと握り潰されると、液体が直腸の奥深くへ注入されます。

「はぁぁぁ」

ああ、これで蛇から逃れる術はありません。太腿を限界まで拡げられて金属ポールに拘束された上に、蛇たちの大好きな匂いを直腸最奥に注がれたのです。

「これで準備は完了よ。あの子達をここへ」

ボーイが籐の籠を抱いて陳夫人の傍へ寄ると、夫人は愛おしそうな表情を見せながら両手を籠の中に入れられます。そしてしばらくして籠から出された両手にはそれぞれ灰色の蛇が巻き付いていたのです。

キャーという悲鳴があちこちから上がります。

しかし私は声も出せず全身を震わせながら蛇を見詰めることしかできません。もう覚悟は出来たと思っていたのに、蛇が 動くのを間近に見た瞬間に、そんなものは脆くも崩れ去ってしまったのです。

陳夫人は周りの人達にしばらく二匹の蛇を見せてから、ゆっくりと私の方へ近づかれます。

「ヒィッ」

やっと声が出ました。しかし全身の震えは止まりません。

陳夫人はそれぞれ蛇の巻きついた両腕を拡げ、右手で私の左足の爪先を、そして左手で私の右足の爪先を掴まれました。

「ヒィッ」

二匹の蛇は鎌首を持ち上げると私の足を眺めています。いえ、きっと私の匂いを嗅いでいるのです。見知らぬ人間の匂いを。そして、まるで他の匂いを探すように頭を左右にゆっくりと振り始めます。

そしてようやく好きな匂いに気付いたのか、二匹の蛇はしばらく私の足を真っ直ぐに見詰めていたかと思うと、陳夫人の腕からほどける様に私の足に向かってスルスルと動き出したのです。

ああ、蛇が私の足に。

私は全身を強張らせ、じっと二匹の蛇を見つめながら金属手錠を掛けられた両手を握り締めてその瞬間に備えます。

「ヒィィ、ヒィィィィ」

ひんやりしたものが右足の甲に、続いて左足裏にも触れたのです。

意外にもそれらの皮膚はヌルヌルはしてなくて、さらさらなのですが、それらが私の足を巻くように足首へと、そしてふくらはぎへと滑るように動く感触は、とても耐えられるものではありません。

「ヒィ、ヒィ、ヒィ」

両脚を拘束されていなかったなら、必死で脚をバタつかせて振りほどいたことでしょう。しかし、両手には金属手錠を掛けられ、両太腿を限界まで拡げられて金属ポールに固定されていては、上半身をくねらせて耐える事しかできないのです。

「ィ、ィ、ィイヤァァァァアアアーーー」

しかしいくら叫ぼうとも二匹の蛇はまったく気にするそぶりも見せずに、私の脚にからみつきながら進み、ついに陳夫人の両腕から二匹とも離れました。

「ドリーさん、後はあなたのお好きなように」

陳夫人はそう仰ると私から離れて静子夫人の隣に腰を下ろされます。

最初は遠巻きにしていた人々も、二匹の蛇が私のふくらはぎに何重にも巻きつき、もう他には行かないことがわかると、安心したのか少しずつ私に近づいて来ます。

ああ、蛇がもうすぐ太腿にまで進んできます。

静子夫人、ドリーはいよいよアヌスに二匹の蛇を受け入れます。しっかりと見守って下さいね。

ところがソファーの方を見ると、静子夫人は陳夫人と触れんばかりに顔を近づけて抱き合っておられるではありませんか。そして私の視線に気付くと、ボーイに何事が手で合図をされてから陳夫人の方に向き直り、軽く唇を開くと陳夫人の唇に重ねられたのです。

ボーイは直ぐに台の横へ来るとボタンを操作し、私の上半身を載せた台はグィーンと音を立てながら水平に戻っていきます。

ああ、静子夫人。

二人の夫人の姿が視界から消え、私は真っ黒な天井を見上げています。そして周りかは幾つもの仮面が私を覗き込んでいるのです。


inserted by FC2 system