プライベート・スパでのマッサージ(3)

「一度手を離して」とナオミさんに言われ私は夫人の手を離しました。
「反対向きになりましょうね」とナオミさんが言い、アイさんと二人で起こされて夫人と逆向きにされました。私の顔はちょうど夫人の太腿のあたりです。右手を伸ばして再び夫人としっかり手を握ります。逆向きにされた理由はすぐ分かりました。夫人の脚が大きく開かれるとオイルと自らの愛液で濡れそぼった静子夫人の局部が私の目の前に露わになったのです。

「ドリーさん、今から静子夫人が何をされるか良く見て」とナオミさんに言われるまでもなく私は夫人の局部から目をそらすことはできません。先ほどからのGスポット責めで大陰唇はしとどに濡れて開きピンク色のヴァギナを露わにしているのです。でもヨーコさんがメディカルグローブを嵌めた指を挿入しようとしているのはヴァギナではなく、その下にひっそりと息づいているアヌスなのです。左手の親指と人差し指で夫人のお尻の割れ目をそっと開くと、夫人は「アァッ」と喘いで一層強く私の手を握ります。そしていよいよヨーコさんの指が夫人のアヌスに触れると、夫人は「オォッ」と喘ぐのです。ヨーコさんはアヌスの周囲を指で丹念にマッサージし、夫人が「アウ、アウ」と喘ぐと、「さっきも随分とアヌスをマッサージされたのに、まだそんなに感じますか」と夫人をからかい、静子夫人は「ああ、そんなことを言わないで」と消え入るような声でアヌスが感じることを白状します。

いままでそんなに開発されていないはずのアヌスをあんな風にいたぶられる静子夫人の快感はさぞかし凄まじいものにちがいありません。私は自分がアヌスを嬲られるよりも余計に感じるような気がして、思わず自分のアヌスを閉じたり開いたりしながら、しっとりと汗ばんできた夫人の手を強く握り締めました。

「では入れますよ」とヨーコさんは夫人に引導を渡して人差し指を夫人のアヌスにそろりと挿入していきます。夫人は「ゥウー」と呻いて手をぐっと握りしめますが、両脚はしっかりと開いたままの体勢を保ち、じわりじわりと侵入してくるヨーコさんの指を受け入れます。ヨーコさんの指は1ミリ、2ミリとゆっくりアヌスに侵入していき、十分に時間をかけてとうとう根元まで夫人のアヌスに入ってしまいました。

「少し回しますから、アヌス快感を味わってくださいね」とヨーコさんは夫人を怯えさすように言ってからアヌスに挿入した指をゆっくりと回転させます。きっとこんなことをされるのは初めてなのでしょう、夫人は「ホォオー」と一際高い声で呻くと、私の手をひしと強く握りしめます。ヨーコさんは夫人の声を楽しむように、右に左にと指を回し、夫人はその度に「ヒィ」、「ヒィィ」、「ヒィイー」と悲鳴を上げて快感に耐えるしかないのです。

さんざんアヌスをいたぶって夫人に悲鳴を上げさせたヨーコさんは、私の方をチラッと見てから、もう一人のセラピストに向かって「ミドリ。アヌスは大分ほぐれてきたから、そろそろもう一度Gスポットを可愛がってあげて」と言います。

ヨーコさんの指示を受けたミドリさんが今度は夫人のヴァギナを少し拡げて、二本の指を挿入していきます。アヌスにヨーコさんの指を挿入されたままヴァギナにミドリさんの指を含まされていく静子夫人は「アウゥ」と喘いで思わず脚を閉じそうになりましたが、ぐっとこらえて再び大きく開き、私の手を握り締めて二箇所責めに耐えるのです。

「では指を曲げますよ。Gスポットに集中して」とミドリさんが言い終わらないうちに、夫人の口からは「ヒィー」と言う悲鳴が漏れ、太腿がブルブル震え始めます。先ほどのGスポット責めの余韻が未だ残っているところを、今度はアヌスとダブルで責められるのですから、夫人がすぐ昇り詰めてしまうのも無理はありません。

「ゆっくり深呼吸して」とミドリさんに言われて夫人が大きく息を吸うと、それに合わせてミドリさんの二本の指が夫人のヴァギナの中で屈曲してGスポットを押さえ、同時にヨーコさんの人差し指がもう一段とアヌスの奥深くまで挿入され、夫人はいてもたってもいられないという感嘆の喘ぎ声をあげるのです。

「声を出さずに深呼吸をして!」とミドリさんに言われ、夫人は「フゥーーー」と長く息を吐き、するとミドリさんの指は伸びてGスポットを開放し、ヨーコさんの指は先だけを残してほとんどアヌスから抜かれるのです。Gスポットを開放される快感とアヌスに挿入された指を抜かれる快感にダブルで襲われた夫人は、フゥーーと息を吐きながらも最後は「ィイイーーー」と悲鳴を上げてしまいます。するとミドリさんにまた「声を出さないで」と叱責を受け、「スーーーー」と深く息を吸い始め、再びGスポットをミドリさんの指で押されると同時にヨーコさんの指がアヌス奥深くへ侵入してくるので、夫人は再び「ォオーーー」と喘がざるを得ません。

何度このようなダブルピストンが繰り返されたことでしょう。夫人はもういくらミドリさんに叱責されても深呼吸をすることはできず、ただ「ヒィッ、ヒィッ」と短い悲鳴を上げながらとうとう太腿の内側をピクピクと痙攣させ始め、それでも容赦なく続くダブルピストンを二度、三度と耐えましたが、とうとう「クゥー」と呻いたかと思うと、太腿をピタリと閉じてミドリさんとヨーコさんの腕を挟み、私の手を物凄い力で握ってエビのように丸くなって絶頂に達したのです。そしてその瞬間私も自分の太腿をギューと閉じて骨盤底筋を締め付け、軽いオーガズムを感じたのでした。

「如何でした、静子夫人?」とヨーコさんに尋ねられた夫人は、「もう許して、堪忍して下さい」と訳の分からないことを口走っていましたが、太腿で二人の腕を挟みつけていることに気付くと、「ああ、御免なさい」と言って、慌てて脚を開いたのでした。

「さあ、今度はドリーさんの番よ」とナオミさんに言われて私はふと我に返りました。「あなたが責められるところを静子夫人に見ていただくのよ」。

夫人のアヌスとヴァギナから指が抜かれたと思ったら、私の両膝に手がかけられて大きく開かれます。ああ、きっと静子夫人の目の前に私の局部が晒されているのです。

「では入れますよ」と今度はアイさんが私のアヌスを責めるようです。アヌスから会陰部にかけてはまだオイルでヌルヌルなので、アイさんの指はスルリとアヌスに入ってきて、私を「ハァー」と喘がせます。

「少し前立腺をマッサージしてあげて」とナオミさんが言い、アイさんが指を曲げて前立腺を押さえます。先ほどの前立腺マッサージの余韻が未だ残っている私はすぐに「ォオー」と身体を反らしてしまいます。

「ドリーさん、またゆっくり深呼吸して下さい」とアイさんに言われ、私はオーガズムに向かってまたも深呼吸を始めるのです。「スゥーーーー、フゥーーーー」

二度目の前立腺マッサージは泣きたいような快感は飛び越していきなり私を絶頂の高みに舞い上がらせ、私はあっという間に「キィーーー、クゥーーー」と呻き始めます。

「まだイカせないでよ」とナオミさんが言ったかと思うと、アイさんの指が止まり、私は少しの休息を与えられます。するとアヌスにもう一本の指が入ってきました。ああ、きっとナオミさんの指です。

「代わりばんこに前立腺を押さえてあげるわね」とナオミさんが言い、アヌスの中で二本の指がからまります。

「息を吸って」とアイさんに言われて大きく息を吸い込むと、再び前立腺がクーと押され、私はたちまち9合目近くまで追いたてられます。「フーーーーー」と吐くと前立腺が開放されまたしても快感を感じます。次に「スゥーーーー」と吸い込むと、先ほどとは少し違うところを押さえられ、思わず私は「ァアアアアン」と悲鳴を上げてしまいます。きっとこっちがナオミさんです。深呼吸をするたびに二人の指で代わる代わる少し違う位置から前立腺を押さえられるので、刺激に慣れることがなく、毎回新鮮な快感を前立腺にもたらすのです。

ほんの数回ずつ前立腺を押さえられただけで、もう私はとても息が付けなくなり、「ィイッ、ィイッ」と悲鳴を上げるだけです。
「これでそんなに感じていたら次はどうなるかしら」とナオミさんの声がします。ああ、また違うことをされるのです。私は期待と恐怖の入り混じった気持ちでその瞬間を待ちます。

「息を吸って」とアイさんが言います。私は、ゆっくりと息を深く吸い込みながら神経をアヌスと前立腺に集中します。何が起きるのかしら。ああ、前立腺が押されます。私は「ゥウット」と喘ぎます。そして次の瞬間何ともう一本の指がアヌスから抜かれるのです。思わず私は「イヤァーーー」と叫んでしまいました。アヌスは抜くときに感じるというのを知り尽くしたナオミさんの責めなのです。

「息を吐いて」とアイさんに言われ、私は必死で「フゥーーーー」と吐くと、前立腺を押さえていた指が緩むと同時に、一度抜かれた指がまたアヌスに挿入されてきます。私は「ォオオオオーーー」と声を上げずにはいられません。

「ドリーさん、要領は分かったでしょ。さっき静子夫人がされたダブルピストンとは逆の動きなのよ。ドリーさんは上級者だから普通のでは物足りないと思って。とても感じるでしょ。じゃあ続けますから、息を吸って」とアイさんに冷静な声で言われると、私は自分が一体どうなってしまうか考える余裕も無くして、大きく息を吸い始めます。

「スゥーーーァイヤァーー」さっきとは違う向きに前立腺を押さえられながら、別の指が抜かれます。
「吐いて」
「フゥーーォオオオオーー」前立腺が開放されながらまた指が挿入されます。
「吸って」
「スゥーイヤァーー」
「吐いて」
「フゥーウウンー」
「吸って」
「スーーーァアーー」
「吐いて」
「フーゥウウンー」
アイさんの声に合わせて私は夢中で深呼吸をしようとしますが、アヌスに抜き挿しされる指の刺激の為に最後まで息を吸うことも吐くこともできません。

アイさんが言うように、前立腺やGスポットを押すと同時にアヌスに指を挿入するのが普通なのなら、エネマグラの動きにも似ていて、きっとその方が二つの快感が協調しやすいのでしょう。でも、今私は前立腺を押さえられると同時にアヌスから指を引き抜かれるのです。それぞれの刺激は素晴らしい快感をもたらすのですが、同時にされると他方の快感を邪魔されるというか、集中できないのです。前立腺を押されて骨盤の奥底から快感が涌き上がってくるときに指を抜かれると、アヌスに強烈な快感をもたらしますが、骨盤の奥からの快感とは混ざり合わずに、それぞれが別の快感であるために、気持ちが骨盤に行ったりアヌスに行ったりするのです。二つの異なった快感に翻弄されて私の身体はどう感じていいのか戸惑っているようでした。

ところが何度も何度もこの逆ダブルピストンを繰り返されるうちに、今までは綱引きでもするように互いに、こっちよこっちの方が感じるわよと主張しあっていた前立腺とアヌスの快感が、手を取りあって協力するようになってきたのです。前立腺快感とアヌス快感が融合するとでも言うのでしょうか、アヌスから指を抜かれる時にそちらに気が散るのではなく、前立腺快楽をより高めてくれるのです。きっとアヌスが二本の指の太さに順応してきた所為もあるのでしょうが、快感をより強めながら大きく息を吸いきること、そして吐ききることもできるようになってきたのです。

今まで7−8合目を行ったり来たりしていた私ですが、深呼吸ができるようになったとたんに、一気に9合目をはるかに超えるところまで追い立てられ、「ヒィーーーーー、クゥウーーーー」と歯を食いしばって快感の嵐に耐えるしかありません。

「ドリー、素敵よ!」と静子夫人の声がします。夫人の局部には誰の指も触れていないのに、太腿が開いたり閉じたりして、ヴァギナからは愛液がとめどなく流れています。ああ、きっと私の痴態を見ながら感じて下さっているのです。

一度、逆ダブルピストンの快感を覚えてしまった私の身体は、前立腺を押さえられたり離されたりする快感をアヌスを抜き差しされる快感で大きく増幅することができるようになり、絶頂に向かって昇り詰めるのです。

もう私は息もできない位感じてしまって、「ィイー、クゥー」と呻きながらも少しでも深呼吸をしようとするのですが、あまりの快感がそれを許さず、とうとう骨盤の中心から痙攣が始まり、アヌスへそして太腿へと痙攣が拡がります。私は「キィイーーー」と呻いてこの逆ダブルピストンの快感に耐えているのですが、前立腺とアヌスをヒクヒクと痙攣させたからといって許してくれるアイさんとナオミさんではありません。
「前立腺を痙攣させているわ」とアイさんが言うと、「アヌスもヒクヒクしているわ」とナオミさんが言い、二人は痙攣を続ける私の二つの快楽源にさらなる刺激を与えます。

ついに私は堪らずに「ムゥウ」と呻くと両脚を突っ張って太腿を締め付けて全身を硬直させ、再びオーガズムに達したのです。そしてしかも今回は私がオーガズムに達しても二人の刺激は止まることなく、一旦ギュッと収縮してカウパー腺液を吐き出した前立腺が元に戻るとまたマッサージが始まり、ギリギリと締め付けたアヌスが緩むと、再び抜き差しが始まるのです。私は硬直したままの両脚で二人の腕をしっかりと挟みこんでいるのですが、手首から先の動きは止めようもなく、私はオーガズムの高みに追いやられたまま「ムゥッ」と再び呻いて再度全身を硬直させたのです。そして少し硬直が緩むとまた刺激が始まり、またしても私は全身を硬直させ、少し緩むとさらに次の刺激が始まるのです。

4回、5回と連続オーガズムが続きます。私はもう呻き声も出ず、ただひたすら全身を硬直させることしかできません。その後、何度オーガズムが来たのか分かりません。そしてとうとう私の身体の筋肉は疲れ果てそれ以上の硬直も痙攣もできなくなってしまったのです。硬直と言う抵抗がなくなったために、今まで以上に深く前立腺は押さえつけられ、アヌスへの指の抜き差しもより一層激しさをましますが、オーガズムによって快感の上昇に区切りをつけることができないのです。

今始めて分かったのですが、ウエット(射精)でもドライでもオーガズムというのはそれ以上に快感が強まると身体が危険にさらされるので、その手前で全身を痙攣させたり硬直させたりしてそれ以上の快感上昇を止めるためのメカニズムだったのです。
今、私は痙攣することも硬直することもできず、されるがままにそれらの刺激を受け入れて、ただたださらなる快感の高みへと昇って行くしかないのです。ああ、怖いわ、このままもっと感じたら一体私はどうなってしまうのかしら、きっと気が狂ってしまうわ。怖いわ、怖いわ、嫌よ、駄目、もう止めて、もう感じなくてもいいから止めて!

でも叫ぼうと思っても声も出せず、抵抗しようとしても身体も思い通り動かないのです。ああ、駄目、イヤー、ノォー、ノォー、ノォオーーーーー。

「ォオーーーーー」という自分の咆哮で私は我に返りました。やっと叫び声が出たのです。そしてその安心感からか、私は「オゥオゥ」と声を上げて泣き出してしまったのです。


inserted by FC2 system