プライベート・スパでのマッサージ(2)

オーガズムは1分以上も続いたでしょうか。私はその間じゅう「ォオォー、ォオォー、ォオォー」と叫びながら全身を硬直させ続けたのです。やっと徐々に筋肉が弛緩し始め、咆哮は段々と泣き声に変わり、私は「ウオン、ウオン」と泣き出したのです。アヌスの硬直は収まりましたが、時折、ブルン、ブルンと痙攣し、その度に私は「オゥ、オゥ」と叫ばざるを得ません。声を出さずに我慢できるような快感ではないのです。

「ドリー、大丈夫」と喘ぐような静子夫人の声がして私が横を向くと、夫人はオイルまみれのアヌスから会陰部にかけてをマッサージされながら、上気した顔をこちらに向けています。

「御免なさい。私だけイッてしまって」

「いいのよ。私はアヌスだけではイケないから。でも次は一緒にね」と言いながら夫人は手を伸ばしてきます。私も手を伸ばしてしっかりと夫人の手を握りました。

やっと太腿の上に座っていたナオミさんがベッドから降りたので脚を少しだけ閉じることができます。

「では次は会陰部をマッサージしますね」と私の左側に立ったナオミさんの声がするなり、オイルでぬるぬるの会陰部にナオミさんの指が触れてきて、私は「ハァー」と喘いでしまいます。アイさんはベッドの反対側に立ってお尻を両手でマッサージしてくれます。ナオミさんのマッサージはまるで私の会陰部を小人が往ったり来たり歩き回るようです。多分人差し指と中指でしょうが、二本の指を小人の足に見立てて私の会陰部を探索するのです。自分で会陰部オナニーをする時でも、いつ絶頂が来るかはまったく予想がつかないのですが、ナオミさんに主導権を握られていては、一体次にどの辺りを刺激されるのかさえ分からないので、私はただひたすらオーガズムが突然訪れるのを待つのです。

ナオミさんの指の小人がアヌスのすぐ傍の窪みをググッと踏みつけ、私は「ヒィー」と呻いて身体を反らします。私の弱いところをこの小人はよく知っているようです。小人は一歩二歩と袋の方へ進みます。真っ直ぐではなく右によろけたり左にふらついたり、その度に意外なスポットを踏みつけられる私は「オゥ」とか「クゥ」とか呻かざるを得ません。とうとう袋のすぐ傍までやってきてそこで小人は足踏みをします。袋の近くも私の弱いところでそこを何度も何度も踏みつけられて私は枕に顔をうずめて右手で静子夫人の手をしっかり握り「キィーーー」と呻きながら耐えるのです。小人はやっとあきらめてまたアヌスの方へ移動します。ゆっくりと右へ左へ寄り道をしながら。時には会陰部の中心線上が凄く感じるし、また時には少し外れたところが感じるのですが、それは全く予想がつきません。ナオミさんの小人もまるで宝探しをするように、或いは地雷を除けながら歩くように、右に左に予想をつかせない足取りでアヌスの方へ向かいます。

アイさんのお尻マッサージはお尻から太腿そしてウエストまでに及びますが、決してお尻の割れ目の中には入って来ず、ましてアヌスには決して触れてくれません。夫人はアヌスをマッサージしてもらっているのに、どうして私のアヌスには触ってくれないの?

私は知らぬ間にアヌスをまたもや大きく開いて、まるでおねだりをしているようなポーズをとってしまっていました。

突然またもやアヌスに強烈な衝撃を受けて私は「ホォー」と叫んで枕にしがみつきました。

「あんまり欲しそうにしているからまた熱いオイルを垂らしてあげたのよ」とアイさんの声が背中でします。

「ああ、ありがとうございます」と喘ぐように言って私は夫人の手をしっかりと握り直します。夫人はこちらを見ると「もっとイッてもいいのよ」と喘ぐように言ってくださいます。

一旦中断していた会陰部マッサージが再開されます。熱いオイルをアヌスに垂らされて絶頂寸前に追いやられた私は、もういつオーガズムに達してもおかしくない状態のまま会陰部のマッサージを受けます。小人はアヌスの傍の窪みに近づいてきます。ああ、いまそこを踏みつけられたらイッてしまいます。ああ、そこは駄目、いえ、そこよ、そこを踏んで、ちがう、そこじゃない。

小人はまるで私をじらすかのようにアヌスの傍の窪みを避けてその周りをウロウロと歩き回ります。

私は我慢ができずに脚をさらに開いて会陰部を上に突き出すようにして、なんとかスイートスポットを踏んでもらおうとお尻をくねらせてしまいます。アイさんのお尻マッサージもますます濃厚になり、アヌスすれすれまで指が近づきます。

小人は一旦スイートスポットから遠ざかりましたが今度は確実にスポット目指して近づいてきます。ああ、そこ、もう少し先、そこよ、そこよ、その先、ちがう、右じゃなくてもう少し左、そこよ、そこよ、その先よ、そうよ、そう、そう、そこ、そこ。

「そこぉおおおおー」と思わず私は大きな声でスイートスポットを探り当てられたことを叫んでしまい、同時に両脚をギューと閉じて、会陰部からアヌス、太腿そしてふくらはぎにかけて、ブルブルと痙攣させたのです。勃起していないペニスの先からは熱い粘液がしたたります。小人は一瞬私の太腿に挟まれて身動きが取れなくなったようですが、強い力で両脚が再び大きく拡げられると、まだピクピクと痙攣を続ける会陰部をまたもや歩きまわるのです。痙攣を続ける会陰部は全体がスイートスポットになったように、どこを踏まれても私は「クゥー」と呻いてさらに痙攣を激しくすることしかできず、太腿はしっかりと開いて固定されたようで、脚を閉じて小人の動きをさまたげることさえできません。私はただひたすら小人が痙攣を続ける会陰部を十二分に蹂躙するのを甘受し、何度も何度も身体を反らして咆哮を上げ、オーガズムに達したことを告げることしかできないのです。そしてオーガズムに達するたびにペニスの中を熱いものがジュクジュクと流れるのです。

何度オーガズムに達したことでしょう。5回目くらいまでは覚えているのですが、その後は「ワァーワァー」と泣きわめく事しかできず、全身の筋肉が疲れ果てて痙攣収縮する力が尽きるまで私は何度も何度も絶頂に達したのです。

「ドリー、ドリー」という静子夫人の言葉でふと我に返りました。知らぬ間に夫人の手を放してしまっていました。涎でぐっしょり濡れた枕から顔を上げて夫人の方を見ました。

「またイッたのね」と言われ、「すみません、また私だけでイッてしまいました」と未だ泣き濡れた目で夫人を見つめながら答えます。

「今度こそ一緒よ」と夫人が言いながら仰向きになります。

「ドリーさんも仰向きになってください」とアイさんが言います。

「最後の前立腺マッサージですよ」とナオミさんが手で勃起していないペニスを覆いながらふらつく私が仰向きになるのを手助けしてくれます。ああ、そうでした、まだ前立腺マッサージがありました。それなのに私は既に何度も何度もオーガズムに達してしまって、身体もクタクタです。こんな身体でさらにオーガズムに達することができるのでしょうか。

私は小さくなったまま先だけをぐっしょり濡らしたペニスを太腿で挟んで仰向けになり、今度は左手で夫人の右手をしっかりと握ります。夫人は上気させた顔をこちらに向けて、「こんどは私もイキますからね」と喘ぐように言います。私は黙って頷きます。

夫人を担当する二人のセラピストがオイルまみれの手を石鹸で洗ったあと、メディカルグローブを嵌めます。夫人はいよいよGスポットを責められるのです。そして二人ともグローブを嵌めるということは、一人はきっと夫人のアヌスを責めるのです。

これから静子夫人が受ける快楽に思いを馳せながら二人のセラピストのグローブに見とれていると、アイさんとナオミさんがそれぞれグローブを嵌めた両手を私の目の前にかざして、「私たちも準備完了です、ドリーさん。ではもう一度天国へお連れしますわ」と言って、私の膝をゆっくりと開いていくのです。勃起していないペニスはだらりとしたまま先からは粘液の糸を垂らしています。ああ、どうして二人ともグローブをしているのかしら。私には膣は無いからGスポット責めはできないのに。

ナオミさんが左の手のひらにたっぷりとジェルを取り、それを右手の人差し指と中指に十二分に塗りつけます。既に奥の方までオイルが行き渡っている私のアヌスですが、潤滑剤は多すぎる位がいいのです。私の左側にいるアイさんも同じように両手に十分にジェルを塗りつけます。ナオミさんは私の右側に立つと、ジェルがたっぷり付いた左手で乳房をやさしく掴みます。私は突然の乳房への愛撫に「ホォー」と喘ぎ声を上げます。ほとんど同時にアイさんが右手で私の左側の乳房をやさしく掴みます。私はさらに「ォオー」と喘いでしまいます。私をまずは喘がしておいて今度は二人は私の両乳首にキッスをするのです。そして乳房を口に含んだままで舌で乳首を転がすのです。思いがけない乳房への愛撫に私はペニスを勃起させてしまい、胸を反らして「アゥアゥ」と喘いでしまいます。

夫人の方を見ると、静子夫人も豊満な乳房を二人のセラピストに吸われ、大きく胸を反らして両脚を開き腰を浮かさんばかりに揺らしているではありませんか。あの上品な静子夫人があんな恥ずかしい格好をするなんて。私がもう一度夫人の手を握りなおすと、夫人もギュッと握り返しながら私の方をチラッと見ましたが、またすぐに真っ直ぐ上を向いて官能的なアルトの喘ぎを漏らすのでした。

さんざん手と口で私の乳房を愛撫したあと、いよいよナオミさんの右手が待ちに待ったアヌスに伸びてきました。

「もう少し脚を開いてくださいね」と言って、私の膝が両側へ開かれ、誰かの手でお尻の割れ目が開かれ空気がアヌスに触れます。私は本当は思いっきりアヌスを開いてナオミさんの指を飲み込みたかったのですが、それはちょっとはしたないと思いとどまり、アヌスをぴちっと閉じてナオミさんにこじ開けてもらうことにしたのです。

「アァン」

ナオミさんの指がアヌスに触れました。ゆっくりとアヌスが撫で回されます。

「ォオー、ィイー」

私はアヌスを開きたくなるのを我慢して必死でアヌスを締めます。ナオミさんの指がアヌスの中心をツンツンと突きます。

「アン、アン」と喘ぐ私。

「ドリーさん、無理に締めなくてもいいのよ。あなたがアヌスを開きたがっているのは分かっているの。自分でちゃんと開きなさい。そうしないと指を入れてあげないわ」と言うとナオミさんの指は私のアヌスの中心にピタリと置かれたっきり、微動だにしなくなりました。まるで銃口を額に当てられたように、ナオミさんの指と私のアヌスは向かい合ったまま息を潜めています。その間にもアイさんの乳房への愛撫は続いています。ナオミさんの指をアヌスに突きたてられたまま、私は1分位は我慢したでしょうか、とうとう堪らなくなって私はアヌスをゆっくりと開きました。ナオミさんの指がアヌスが開くにつれてゆっくりと入ってきます。決して無理に挿入するのではなく、私がアヌスを開くのにあわせてそっと指を進めてくるのです。徐々に徐々にとても敏感なアヌスの入り口から、さらに敏感なアヌスの奥へと。

「オゥ、オゥ、オゥ」

指を入れられるだけで私はもう堪らなくなり、ついにナオミさんの指がアヌスを貫通した瞬間、私は「キィー」と呻きながらアヌスでナオミさんの指をギューッと食い締めてしまい、下半身を硬直させてまたしてもオーガズムに達してしまったのです。

「アヌスがとても感じやすいのね。指を食い千切られるかと思ったわ」とナオミさんに言われ、私は恥ずかしくて慌ててアヌスを開きます。

「ああ、無理に開かなくていいのよ。食い締めたかったらそうすればいいし、開きたくなったら開けばいいのよ。じゃあ、もう一度脚を開いて。そうよ。では指を曲げていきますからね。前立腺にさわりますよ」

言われるままに膝を開くと、ナオミさんが言い終わるか終わらないうちに、待ち焦がれていた前立腺がナオミさんの指で見事に探り当てられました。

「ァアアアアーー」

ああ、久しぶりの前立腺責めです。自分の指やガラスディルドとは違って、他人に前立腺をいじられる快楽はとても言葉では言い尽くせません。身体の中に指を入れられるという異常な快感に加えて、そこにある快楽の源をその人の指で探られ、そして見事に探り当てられ愛撫されるのです。自分でコントロールできる愛撫ではなく、他人に全てを委ねる快感。会陰部マッサージでもそうでしたが、それが身体の中の、しかもアヌスの奥の快楽源なのですから。

しかも前立腺は単なる快楽源ではなく、魂を奥底から揺さぶれられるような、そして自らが何物からか解放されるような快感なのです。子供の頃に母親に甘えて「ドリー、思いっきり泣いていいのよ」と言ってもらって、母親の胸に顔を埋めて泣いた時のように、「アァーン、アァーン」と何もかもを忘れて私は泣き出してしまったのです。

泣きながら私はナオミさんの指の動きに合わせてゆっくりと深呼吸をし、ナオミさんは私の呼吸にあわせて前立腺をゆっくりと押し、そして離します。私が息を吸っている間、前立腺はゆっくり押され、私が息を吐くのにあわせてゆっくりと開放されるのです。

快感はますます高まり、私はワァーワァーと大きな声を上げて泣き出してしまったのです。

「前立腺を責められるコツをご存知なのね、ドリーさん」とナオミさんが耳元で囁きます。返事もできずしゃくりあげながらかろうじてうなずく私です。

その時、「アァーン」という夫人の泣き声がしておもわず静子夫人を見ると、夫人もまさにGスポット責めの佳境にあるようです。そして何と夫人も顔を左右にゆっくりと振りながら、オーオーと泣き出してしまったのです。そうなのですGスポットも前立腺と同じく、心の底から揺さぶられるような快楽をもたらすのです。そして多くの場合、愛撫される女性は幸福感の極みで泣き出してしまうと言われています。まさに、静子夫人はGスポットの愛撫で少女のように泣き出してしまったのです。私はしっかりと夫人の手を握り直し、心の中で「思いっきり泣いていいのよ、静子夫人、そして思いっきりイキなさい」と叫ぶのです。

「ウオォーーー」と咆哮が私の口から飛び出し、私の前立腺責めは第二段階に移ったようです。第一段階はさっきまでのように泣きわめいてしまう幸福感とも呼べる快感、そしてひとしきり泣いてしまうとその次には身体の奥底からの快感が押し寄せてきて、咆哮せずにはいられないのです。私はゆっくりと深呼吸を続ければそれだけ物凄いオーガズムが来ることを知っているので、浅くなりそうな呼吸を必死で我慢してできるだけゆっくりと深呼吸を続けます。そしてナオミさんはそんな私を見透かしているかのように、私の呼吸に合わせてゆっくりと前立腺を愛撫するのです。決して力を入れすぎず、急な動きを加えず、ゆっくりと、しかし確実に前立腺を押さえ、そして開放するのです。

スーーーと息を吸うに連れて前立腺が押され、私はあっというまに9合目まで到達してアヌスでナオミさんの指を食い締めてしまいますが、ギュッとしめるとそこに指があるのでまたさらに感じるのです。アヌスはピクピクと今にも痙攣しそうです。太腿の内側にもさわさわとさざなみが走ります。フゥーーーーと今度はゆっくりと息を吐きます。それにつれて前立腺がそろりと開放され、またしても快感が高まります。息を吸うときも、そして吐くときも、どちらの場合も快感が高まるのです。ああー、もういつオーガズムが来てもおかしくありません。いつでもイケます。

でも、ああ、そうでした。静子夫人と一緒にイカなければ。顔を左に向けると夫人も第二段階のようです。もう泣いているというよりは、快楽源を責め立てられて獣のように咆哮を繰り返し、顔を左右に振り、髪の毛を振り乱してGスポットを責められているのです。

「静子夫人。もうイキそうなの!」と自らも息絶え絶えの私は叫びます。

私の声が聞こえないのか、夫人は顔を振るばかり。

「静子夫人!」私はありったけの力を絞って叫びます。

やっと私の声が届いたのか、夫人はこちらに快楽にゆがんだ顔を向けます。

「イキそうなの!」と叫ぶと、「ォオーーー」と一つ咆哮を上げてから、コクンと首を縦にふるのです。

「私もイキそう。一緒に。ねえ。一緒に。ナオミさん。一緒にイカせてぇーーー!」

言い終わらないうちに次の大波が押し寄せて、またもや私は9合目まで追いやられ目を瞑って身体を反らしてしまいます。

「ヨーコ、私の呼吸に合わせて」ナオミさんの声です。夫人を責めているのはヨーコさんと言うのです。

「ドリーさん。私の呼吸に合わせるのよ。ハイ、吸って。スーーーー。吐いて、フーーーー。スーーーーー、フーーーーーー」

私は夢中でナオミさんの呼吸に合わせます。もちろんそれにあわせて前立腺が押されたり離されたりします。遠くでヨーコさんが夫人に呼吸を合わせるように言っています。すぐ隣のベッドなのに、はるか遠くから聞こえてくるような気がします。

私は必死で夫人の方を見ます。夫人も泣き濡れた目でこちらを見ています。ああ、なんて官能的な表情なの。私たちは見つめ合って、呼吸を合わせます。スーーーー、フーーーーー、スーーーーー、フーーーーー。呼吸に合わせて前立腺が押され、私の顔が快楽でゆがみ、同時に夫人の顔もゆがみます。夫人も呼吸に合わせてGスポットを押さえられているのです。

ああ、私はもう駄目です。9合目を超えて今にも絶頂を極めそうです。

「ゆっくりと呼吸をして!」ナオミさんが叫びます。

「ヒィーーー」

呼吸が乱れ悲鳴が上がります。

「駄目よ、深呼吸を続けるの!」ナオミさんの叱咤が飛びます。

スーーーー、フーーーーと死に物狂いで呼吸を続けます。

「ィイイーーーー」という夫人の悲鳴です。「まだよ、静子夫人」とヨーコさんの励ましの声です。

「キィイイイーーー」とまたしても悲鳴を上げてしまう私。アヌスがヒクヒクと痙攣を始めたのです。

「こっちは痙攣を始めたわ」とナオミさんがヨーコさんに向かって言います。

「こっちもよ」とヨーコさんの声がしたと同時に、夫人の顔がさらに歪み、「クゥーーー」という呻き声が食いしばった歯の間から漏れます。なんとかかろうじて絶頂を極めずに踏みとどまったようです。

私ももう駄目です。次に息を吸って前立腺を押さえられたらイッてしまうでしょう。私は声にならない言葉で夫人に「次よ」と喘ぎ、夫人も泣き濡れた目で「分かったわ」と答えました。

私と静子夫人は見つめあいながら最後の力を振り絞って息を吐き切り、そしてゆっくりゆっくりと深く深く息を吸い込んだのです。そして私の息にあわせてナオミさんが前立腺をグゥーーと押さえ込むと、ついにアヌスから骨盤、そして太腿から両脚の先までが痙攣を始めてしまいました。

私は夫人を見つめたまま、「来たわーーー」と唇だけをかろうじて動かすと、夫人も「私も」と喘ぎます。

そして次の瞬間に、夫人の美しい顔が歪んだと思ったら夫人の腕がブルブルと震え始め、同時に私の下半身の痙攣も上半身へ、さらには腕へと拡がってきました。

ああ、夫人と一緒に絶頂を極めるのです。私は膝を閉じまいとガクガクと震える太腿を必死で大きく開きつづけます。そしてナオミさんの指は痙攣を続ける前立腺を情け容赦なく愛撫し続けるのです。きっと夫人もGスポットを痙攣させながらヨーコさんに責められているのです。

もう私は息も出来ず、ガクガクと全身を震わせながら首だけをかろうじて曲げて夫人を見つめ、どこまでも昇っていく快感に身を委ねることしかできません。そして痺れきっていたと思っていた前立腺がさらにもう一度ギューと押されたとき、まるで前立腺が破裂したような快感が全身を襲い、私は夫人に向かって「イクわー」と呻いて瞼を固く閉じ歯を食い縛って夫人の手を砕けるほど強く握り締め全身を硬直させたのです。そして夫人の手が私に負けないほど強く握り返してきたのです。

長い長い全身の硬直が解け、フゥーーーーと息を吐きます。ゆっくりと目を開けると夫人は未だ目を閉じたままです。夫人の身体はこちらを向いて両脚を真っ直ぐ伸ばし、太腿をきつく閉じてヨーコさんの腕を挟みこんでいます。ああ、きっと静子夫人も絶頂を極めたのです。

「見事に息を合わせてお二人同時にイカれたわ」とナオミさんに囁かれ、私も太腿をきつく閉じてナオミさんの腕を挟みこんでいたことに気付き、あわてて脚を少し開きました。

「ありがとう」と言って局部に目をやると、勃起していないペニスの先からカウパー腺液が太い糸を引いてナオミさんの腕を濡らしています。

「ああ、御免なさい」とナオミさんの腕についたカウパー腺液を拭おうと右手を伸ばすと、アイさんが制止してペニスをつまみ、そして包皮をゆっくりと剥いて亀頭部を晒すと、包皮との間に溢れる程溜まっていたカウパー腺液がトローリと糸を引いて太腿に垂れたのです。ちゃんとオーガズムに達したことを確認されたみたいで、私は恥ずかしくて、ペニスをつまみながら私を見つめるアイさんから目をそらしてしまいました。

夫人がやっと目を開いたので、「静子夫人、一緒にイキましたわ」と私は喘ぐように言いましたが、夫人は「・・・・」と声にならない囁きを漏らして、再び目を閉じたのです。

「さあ、もう少し続きをしましょうね」とナオミさんが耳元で囁き、アイさんが私を仰向けの姿勢に戻し、また脚を大きく開かされると、アヌスに入ったままのナオミさんの指を感じてしまい、「アァッ」と喘いで私はまた目を閉じます。静子夫人の手をもう一度しっかり握り直して、私はさらなる快楽の責めを待つのです。


inserted by FC2 system