Gスポット用ガラスディルド

静子夫人から戴いた箱には工芸品のように美しい形のガラスディルドが入っていました。長さは20cm、太さは2.5cmです。

夫人のメモが入っていました。


ドリー

しばらく会えないかもしれませんが、その間、このガラスディルドを私と思って下さいね。これは女性のGスポット刺激用に作られたものらしいけど、あなたの前立腺を愛するにもちょうど良いと思うのでプレゼントします。

使い方は言わなくても分かるわね。一番太い玉を持って細い方からアヌスに入れるのよ。もちろんあなたのアヌスなら太い方を入れても楽しめるかもしれませんね。

静子


ガラスディルドはずっしり重く、これをアヌスに挿入するかと思っただけで感じてしまいます。私は居ても立ってもいられず、早速試してみることにし、全裸同然のドレスを脱ぎました。

前立腺を刺激するためには 先ほどのパーティでのように仰向けになって先端を挿入して反りがお臍を向くようにすればいいのでしょうけど、ディルドがかなり太いのとアヌスの向きもありなかなかうまく入りません。そこでパワーボールでも飲み込めた蹲踞姿勢で まずは挿入することにします。もう一度アヌスに十分クリームを塗り、ディルドにも塗って挿入です。最初の玉がツルンとアヌスを通りました。ああ。 何というディルドなの。ガラスのつるつるの感触がとても気持ちいいのです。それにアナルビーズやパワーボールのように玉と玉の間に紐の部分がないので、最初の玉が アヌスを通過した時にはすでに次の玉が半分アヌスに入っているのです。大きさのせいでしょうか、パワーボール程強烈ではなく、とても心地よい快感です。ツルンツルンと次々くびれがアヌスを通過して行き、最後の大玉を残して全て直腸に収まりました。 直腸は背中の方に向いて湾曲しているので、ディルドも背中向きになります。大玉は3.8cmもありこれを入れてしまうと抜くのが大変で危険なのでこれは外に出したままです。しばらくそのままでディルドの感触をじっくり味わいます。冷たいガラスの感触、そしてずっしりくる重み、今まで経験したことのないアナル快感です。何度かアヌスを締めたり開いたりしているうちに気分が高ぶってきてペニスに触れたくなりますが、ぐっと我慢してディルドを180度回転させます。 先端で前立腺を刺激するためです。そのためには一つか二つの玉を引きずり出さねばならず、大玉を持って引っ張ると同時にアヌスを開きます。ツルンと一つ、そしてまた一つ。キュンとなる快感がアヌスに走ります。外に出た部分をしっかり握って回転させます。直腸内のディルドが腸壁をこすりながら回転するのが何とも言えない快感です。反りがお臍の方を向いたところで太腿で外に出たディルドをしっかり挟みます。こうすると抜けないし向きも変わりません。そのままでそろそろと ベッドに仰向けに横たわります。

右手をゆっくりと伸ばしディルドを掴むと膝を少し曲げて太腿を開きます。さていよいよ前立腺刺激です。 ディルドの玉が大玉以外に二つ外へ出ていますので、4個がアヌスに入っています。ちょうどこれで先端が前立腺にあたるはずです。

アヌスを支点にちょうどテコのように大玉を下に下げると先端が上を向きます。少しずつディルドをずらしながら探っていると、 「アアァ」前立腺にあたりました。ああ、ここだわ。そのままディルドでの刺激を続けました。あっというまに快感が高ぶってきます。ドクター・ケイの言葉を思い出してゆっくりと呼吸をしながらガラスディルドを操作します。

ああ、またイキそうです。アヌスの奥が痺れて来ました。「アァー、アァー」という叫び声が出てしまいます。そして腰がブルっと震えたと思うと、全身が硬直し、歯を食いしばり、 太腿は右腕を挟んで締め付け、私はオーガズムに達したのです。その瞬間左手はギュッと握り締めていましたが、右手は別の生き物のようにディルドを操作していたのです。

それ以来、このガラスディルドは私の恋人になりました。工芸品のような美しい形は置物としても通用するので普段はリビングのテーブルの上に置いています。訪ねて来た友人がこれは何と手にとって私に聞くたびに、私のアヌスはキュンとすぼまり、前立腺まで刺激されます。

しばらく慣れると仰向きのままで挿入できるようになりました。身体が挿入されるコツを掴んだようです。アヌスを刺激しながら入って来て、そのまま前立腺を到達するのです。挿入と同時に私は8合目位までの高みに追い立てられるのです。

入浴の時も必ず一緒です。アヌスに十分にクリームをつけ、ディルドにもたっぷりクリームをつけてバスタブに横たわり、クリームが流れてしまわないうちに挿入するのです。お湯の温かみがアヌスの少し中まで刺激すると同時にディルドが入ってきます。そしてそのまま前立腺を責めるのです。暖かいお湯に全身浸かりながらの前立腺責めは、言葉では言えない程の快楽です。ただ、気をつけないと何度もオーガズムに達しているうちに、のぼせてしまうことがあるのです。

とても気に入っているガラスディルドなのですが、一つ物足りないのは、自分で操作しなければならないことです。だから右手は最後まで冷静でないといけません。無理やり掻き回してしまったら折角のオーガズムも台無しですから。やはり、誰か他の人に責めて戴きたい、そして私は何もかも忘れて泣きわめいて絶頂に達したい。そんな事を考えていたら静子夫人からメールが来ました。

ドリー

しばらくね。ガラスディルドは気にいってもらったかしら。

今日はあなたに良い知らせがあります。ドクター・ケイから聞いたのだけど、前立腺オナニー用の Aneros っていう凄いのがあるらしいわよ。日本でもエネマグラという名前で人気が出てきているらしいわ。何でも、手を使わずにアヌスの締め付けで前立腺を刺激するとか。貴方にはピッタリだと思わない。www.aneros.com から買えるそうなのでぜひ試してみて。そして今度会うときにはそれでオーガズムに達するところを見せてね。

静子


ガラスディルドはの購入先はリンク頁に紹介しています。


inserted by FC2 system